高麗人参がうつの方に超効果的な理由。うつの方が高麗人参を飲まない理由がない!

うつの方に朗報です。この日本には多くのうつの方がいます。

私が、うつの方を救いましょう。

うつ歴10年とか、よくツイッターで見かけます。

うつはつらいことは知っています。だからこそ、あなたを救いたいと思いました。

精神科でもらう薬はまあまあ効くけど、やる気は出ない、死にたい

こんなような話はよく聞きます。

ではどうすればよいのでしょうか?ざっくりとお話しさせていただきます。

精神科では西洋医学の薬が用いられ、東洋医学の薬は使われない。西洋医学と東洋医学はどう違うのか?

精神科に行くと、カタカナ語の薬をたくさん出してもらえます。

例えば、デパスとかエビリファイとか、キリがないのでやめます。

西洋医学の薬を否定する気は毛頭ありません。

むしろ、現実的に西洋医学の薬は効果が実証されています。

しかしながら、いいことだけではありません。

ちゃんと西洋医学の薬にはワナが仕掛けられています。

西洋医学の薬には副作用が多すぎる

一番多い副作用と言えば「眠くなる」といったところでしょうか?

精神科の薬は大抵眠くなるように設計されています。

かいくぐるのも一苦労で、眠くなったおかげで「面接で寝ちゃった」、「電車で寝過ごした」など序の口で、

30時間くらい寝たという話も聞いたことがあります。

他にも、副作用はたくさんあります。

  • 口が乾く
  • 逆に眠れない
  • 集中力ゼロ
  • 依存性が高すぎる

ほんのわずかな一例です。当てはまりますよね?

そう、西洋医学の薬は副作用がすごく大きいのです。

では、東洋医学の薬はどうなっているのでしょうか?

東洋医学の薬は、健康な体になるために働きかけるため、即効性はないが副作用をほとんど実感せずに元気になっていく

全ての精神科医が、西洋医学の薬を出すと思ったら大間違いです。

医師にもよりますが、東洋医学の薬を出してくれる先生も、数は少ないのですが確かにいます。

東洋医学で出てくる薬のほとんどは、「高麗人参」というものです。

この高麗人参ですが、即効性はありません。

飲み初めにデトックスと言われる、毒を体内から排出しようとする働きにさらされる可能性もあります。

しかし、主だった副作用はありません。

そして大きな高麗人参を飲むといいメリットとは?

精神科医ですら高麗人参を飲むことを勧めている

医学部で、おそらく高麗人参の作用や副作用を勉強していると思われるお医者さんですが、

関西のある精神科医に「統合失調症ですが、高麗人参を飲んでいいですか?」と聞いてみました。

精神科医「あの元気の出るものだよね!?飲んでいいよ!」とのことでした。

つまり、精神科医ですら、高麗人参は「元気が出るもの」と認識しています。

だったら、元気のないうつの方には高麗人参はいいんじゃないの?

高麗人参の作用として知られているものが、含有する人参サポニンによって、本来健康である人間の姿に、不健康な場所、弱っている場所を探して、改善しようとするとされています。

そのため、高麗人参は万能薬とも言われています。

で、タイトルの通り「うつの方には高麗人参を取った方がよい」といえるのか?

高麗人参の広告で、「芯から元気に!」や「朝からピンピン!」など、精力的な働きがあるように広告されています。

 

普段「元気」に問題を抱えている方が、芯から朝から元気になることは大変重要で、高麗人参はそれを後押しします。【正官庄】世界売上No.1高麗人参

精神科医のお墨付きの高麗人参ですが、元気になる根拠は何か?

 

高麗人参に含まれる人参サポニンには興奮作用と鎮静作用があるとされており、精神に何らかの異常を抱えている人が摂取すると、自動的に精神をコントロールしてくれるとされる

人参サポニンの作用によって、統合失調症でも双極性障害でもうつでも、元気にしてくれて、健康な状態の精神に近づけていくことが期待されます。

うつのかたは、いつも元気がないと思います。死にたいという「希死念慮」も出るかもしれません。

高麗人参は、人参サポニンの働きによって、精神を安定化させると言われています。

高麗人参で健康で豊かな人生を送りたいですよね!【正官庄】世界売上No.1高麗人参