A型事業所はどのような障がい者の扱い方をしているのか?

2019年6月23日

以前の記事これ→精神障がい者雇用をする企業は絶対に知っておきたいこと

この記事において、一般企業が精神障がい者を雇い入れるときにA型事業所をそっくりそのままコピーすればよいと書きました。(見ていない方は、一読をお願いします)

実はA型事業所の障がい者への配慮は、一般企業が真似をするべき点が多数あります。それをこの記事でしっかり書いて、特に精神障がい者を、御社の戦力化するためにも重要な点と考え、加筆することにしました。

A型事業所って何?

当たり前ですが、ここから始めないといけませんよね「A型って何?」って話です。

正式名称:就労継続支援A型事業所 って言います。

就労継続支援A型とは?仕事内容と給料、利用までの流れを徹底解説!リタリコさんですね!

就労継続支援A型事業所ってどんなところ?見学・体験利用に行ってみた!またしてもリタリコさんですね!

この辺りに詳細なA型事業所の、法律関係や権利関係は載っています。つまり、雇用関係を結んで働いてもらう障がい者雇用の集合体なのです。

A型事業所では従業員(利用者?)は障がい者しかいない

このような前提条件があるために、A型事業所で働いている、健常者の職員は「障がい者の雇い方や使用方法を熟知している」のです。

おそらく、入社時の研修などで、「障がい者にはこうしてね」とちゃんと教育を受けた、職員が障がい者の利用者に対して仕事の指示を行います。障害者専業の事業所のため、このあたりの情報は共有しておきたいものです。

一般企業が一番気にするのは、勤怠らしい

A型事業所は、一般企業が勤怠を気にすることくらい知っています。そして、A型で脱落しないようにしっかりとした教育をします。A型の職員、どんな障がい者への対応をしているのでしょうか?

A型事業所の職員の障がい者への対応

この記事の核ですが、A型事業所の職員は、必ず「障がい者に提案型の指示しか与えない」のです。

具体的に見ていきましょう。

やってほしい時はお願いする

何かをやってほしい時、一般企業ではよく「命令」として、業務指示を出しますが、A型ではあくまで、利用者さんが納得のいく形で「お願いという形」で命令を与えます。よくわかりませんので、具体例を示します。

「プラスチックを運んでほしい時」

一般企業:このプラスチック運べ!

A型事業所:ここにプラスチックがあるんだけど、もしよかったら運んでもらっていいかな?

A型事業所では「やらない」選択肢を与える

あくまで、お願いしているだけなので、従業員は「やってもやらなくてもいい」というニュートラルな状態で指示を受けます。結局、やるわけですが(この場合、プラスチックを運ぶ)、少し語尾が違うだけで、障がい者のストレス度が違います。

プラスチック運べ(命令):ストレス度MAX

お願いがあるけどプラスチック運んでもらっていいかな?(お願い、提案):ストレスゼロ

精神障がい者に命令するとパワハラの可能性すらある

精神障がい者は「ストレスをかけてはいけません」。それなのに、「ストレス度MAX」はパワハラの一種でしょう。人権にかかわります。気を付けてください。「給料払ってるから仕事して当たり前だろ」→辞められたらどうするんですか?障がい者に辞められたら、御社の負けです。取引先、株主、各関係者、みんなに大きな迷惑をかけます。そして、障がい者自身も徹底的に御社を叩き潰しに来ます。敵対関係結ぶために雇ったのですか?

なぜ雇ったのか?戦力になってもらうためでしょ?

企業は時に健忘症になります。戦力として、活き活きと働いてもらうために雇ったビジョンを忘れてはいけません。いつも、心にとどめておいてください。

企業がすべきことはただ一つ「A型のまねをすることだけ」(まとめ)

A型が素晴らしいモデルケースを示してくれています。それであれば、企業はA型のやり方をコピーするだけでよいのです。で、A型はできるだけ障がい者に、働く機会を与えてあげてくださいA型落ちた!就労移行A型落ちた不採用になる根本的な理由とは?

そして前記事でもふれたように精神障がい者雇用をする企業は絶対に知っておきたいこと

ほかの従業員に「障害あるよ!」って周知してあげてください。お互いに「謎」が残る働き方は良くありません。ちゃんと教えてあげましょう。

A型では周知しているの?

変な題名です。「A型は障がい者しかいません」周知なんかいりません。「何の障害?」この程度でしょう。A型事業所には障がい者しかいません。

きついSEOはいれません。しっかりと、「障がい者雇用」に取り組む御社を応援します。

【リンク集】

A型事業所に落ちた、A型事業所の根本的な問題点→A型落ちた!就労移行A型落ちた不採用になる根本的な理由とは?

障害年金を受け取るために知っておきたいこと→障害年金に落ちた。障害年金に落ちたときに確認すること。(精神障がい者向け)

企業が、障がい者に辞められずに、戦力化する記事→精神障がい者雇用。辞められず戦力化するための接し方。